FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z

所望のレンズは暫く品薄のようなので当座は諦め、代わりにZを。

Z

色評価蛍光灯用に使っていたデスクライトを娘の勉強机用に取られて随分経ち
ずっと不便を感じていたのでボーナス日に勢い余って Z-208 を。
娘に取られたFS2015-H(定番の日立FS2022Eの旧型)と比べると
可動部が一軸多いと言って良いのか、設置の自由度は若干上。
デザインも若干小洒落れてて悪くはないのだけど
質感は日立との値段差約2000円に見合うかどうか微妙。
失敗したとは思わないけど、満足感もさほどではないって感じ。
FS2022E+ジャンクレンズ1本のほうが、あるいは幸せになれたか。

--
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM / EX DC

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : SD1M SIGMA-10-20

コメントの投稿

非公開コメント

太陽のフレア形状は珍しい形ですね。
絞り羽根形状が特殊なのでしょうか?
手前の白い点がゴーストだと思いますが、この程度の大きさでしたら耐性が
高いほうだと思います。

>デスクライト・・・
私も買わなくてはと思いつつ、ついジャンクレンズとかディスコンユニットに手を
出してしまって・・・(´ω`;)

cucchi3143さん、

>手前の白い点がゴーストだと思いますが、この程度の大きさでしたら耐性が高いほうだと思います
この絵だけ見てよくわかりますね。さすが。
私なら雲もゴーストと見てしまいます。

仰るように何とも評しようのない不思議なフレアですが、
これはこれで面白いし、この焦点距離でこの逆光耐性であれば私も十分合格点を与えます。
かなりコストパフォーマンスの高いレンズかなと思います。

>ジャンクレンズとかディスコンユニット
デスクライトはいつでも買えるけどこれらはそういうわけにはいかないから、
という大義名分があるのが辛いところですね(笑)
プロフィール

prekujira

Author:prekujira

blogは こちら に引っ越しました。

3.Dec.2007 以前の記事は旧blogの画像アーカイブです。

当blogに掲載されているコンテンツの無断使用、転載等はお断りいたします。

リンクはフリーです。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。