スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRN

TRN_2

TRN

TRN_3

どこまで寄れるんだろうと思って3本のレンズで絞り解放、ピントを近端にして寄ってみると、それぞれ45cm、45cm、60cmってところか。
TakumarもRIKENONも、MFTだとこの大きさで写るので簡易マクロといっても良いくらい。

--
OLYMPUS OM-D E-M5
[1]Super-Takumar 1:1.8/55
[2]XR RIKENON 50mm F1.7
[3]Nikkor-S Auto 50mm F1.4 Ai改



本日の収穫。

TRN_4

Y2はKenkoのを持ってるし、だいたいこんなフィルタは今時使い道も無いんだけど
骨董品屋の軒下に手書き100円値札が無造作に貼られ放り出されていたのが気の毒で・・・(笑)
最近こんな分厚い縁のフィルターって見ないなぁ。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : E-M5 SuperTakumar55/1.8 RIKENON50/1.7 Nikkor-S-AUTO50/1.4

コメントの投稿

非公開コメント

アダプター使用でもレンズの最短は変わりませんから、m4/3での50mm換算
100mmは使い甲斐がありますね。
ただしNikkor-S-AUTO50/1.4の60cmというのは情けないですね。
Ai-sの50/1.8の海外版がたしか同じように60cmです。
最低でも50cmまでは寄りたいですね。

Y2フィルターはモノクロフィルム使用であれば有意義です。
デジタルでは後処理でどうにでもできるから実質保護フィルターかなと。
後は枠だけ残してステップアップリングかまして超広角用のフードとするとか。
昔のフィルターの枠は厚みもあり、しっかりした造りなので勿体ないですよね。

cucchi3143さん、

APS-Cの1.5倍はそれほど感じませんでしたが、MFTの倍率感はかなりのもの。
レンズも共用できるし、35mmフルとMFTの併用は個人的にはかなり良い感触です。
但し、さすがに60cmはちょっと、アレですけど(笑)

>枠だけ残してステップアップリングかまして超広角用のフード
あ、なるほど、これはナイスアイデアかも。
この方向で、用途を考えてみたいと思います。
プロフィール

prekujira

Author:prekujira

blogは こちら に引っ越しました。

3.Dec.2007 以前の記事は旧blogの画像アーカイブです。

当blogに掲載されているコンテンツの無断使用、転載等はお断りいたします。

リンクはフリーです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。